今すぐ借りるならプロミスのATMへ行こう!【申込み~審査の図解入り】
*

契約者が亡くなった場合

カードローンを利用している方の中には、「自分ではなく、家族が利用をしている」という方もいると思います。

そんな方の中には、「もし、契約者本人が亡くなってしまった場合、借入の返済はどうなるのだろう?」と思っている方もいると思います。

家族がカードローンを利用していることを知っている方であれば、それほど驚くこともないと思いますが、家族に内緒で利用していた場合には、残された家族もどうしたら良いのか、分かりませんよね。

では、カードローン利用の契約者が亡くなってしまった場合には、その返済はどうなるのか、ご紹介しましょう。

カードローンの残された返済は、遺族が返済を行わなくてはいけません。

しかし、これは義務ではありません。ご家族が亡くなられた場合、遺産相続などの手続きを行っていくことになると思いますが、その時相続を破棄した場合には、カードローンの返済は行わなくても済みます。

しかし、遺産相続を行った場合には、返済義務が発生することになります。

相続をする際には、自分にとってプラスになるものだけを相続することは出来ず、どちらとも相続することになります。

そのため、契約者が死亡した場合には、遺産相続をした場合には、どのくらいの価値があるのか、返済額と比較した上で、どちらを選ぶのか検討していくことが必要となります。

このように、カードローンの契約者が亡くなった場合には、遺産相続をどうするかによって、返済義務が発生するかどうかが変わってくることになります。